おしりの黒ずみを何とかしたい!

毎日きれいにしているはずなのに、おしりに黒ずみが出来てしまう。

そんな悩みを抱えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのおしりの黒ずみは汚れではなく、血行不良による肌トラブルが原因かもしれません。

おしりの黒ずみで悩む人は多いため、世の中にはさまざまな解決方法が用意されています。

ここでは、おしりの黒ずみの原因とその対策について紹介します。
いつの間にかできているおしりの黒ずみ。原因はいったい何?
おしりの黒ずみの原因は、ほとんどの場合メラニン色素です。

メラニン色素というと、シミの原因であるため良くない印象を抱かれる方も多いかもしれません。

しかし、メラニン色素は体内で合成され、紫外線から体を守ってくれる大切な色素です。

通常は、メラニン色素を含むお肌の角質は新陳代謝によって古くなると排出されます。

お肌の新陳代謝は、ターンオーバーとも呼ばれ、健康なお肌の場合では28日程度の周期で古いお肌から新しいお肌へと生まれ変わるようになっています。

しかし、お肌のターンオーバーはちょっとしたことでスムーズに機能しなくなってしまい肌トラブルの原因になるのです。

その主な原因としては、血行不良、不規則な生活、栄養が偏った食事などが挙げられます。

おしりの黒ずみの原因も、お肌のターンオーバーがスムーズに行われず、メラニン色素を含む古い角質がおしりの角質層に定着してしまったためと考えられます。

例えば、長時間座っていたり、きつめのパンツをはいていると、おしりが血行不良になりターンオーバーがスムーズにできず、黒ずみができやすくなります。
もう繰り返さない!おしりの黒ずみを予防するケアの仕方とは?
おしりの黒ずみのほとんどは、ターンオーバーがスムーズに行われないために起きる肌トラブルです。

この場合、日常の生活習慣を見直すことで予防できる可能性が高いです。

例えば、就寝するときは血行不良にならないように、体を圧迫しないゆったりとした服装にしましょう。

睡眠時間については6時間程度とることでターンオーバーが十分に行われると言われています。

起きているときも、ずっと座っていたり横になっているとおしりを圧迫してしまい血行不良になりやすいので適度に体を動かすようにしましょう。

お風呂で温まったり、おしりをマッサージして血行を促進することも効果的です。

また、美白成分を含む保湿クリームを使うことで、おしりの黒ずみを予防したり、すでに出来てしまった黒ずみを少しずつ解消することができます。

しかし、3ヶ月以上使っても治らない場合は皮膚疾患である可能性もあるため、皮膚科医などに相談することをお勧めします。
もう我慢できない!おしりの黒ずみをすぐに治す方法はあるの?
おしりに出来た黒ずみは、市販の美白効果のある保湿クリームを使うことで改善することもできますが、最低でも1ヶ月~3ヶ月はかかるといわれています。

これにはお肌のターンオーバーの期間が関係しています。

お肌のターンオーバーは、正常な場合でも28日程度かかります。

おしりに黒ずみができている場合は、お肌のターンオーバーがスムーズに行われていない可能性が高いため、長い場合では効果が表れるのに3ヶ月程度かかる可能性があるのです。

もっと短期間で確実におしりの黒ずみを治したい場合は、自宅での治療だけでは限界がありますので、美容皮膚科やエステに相談してみましょう。

自宅では難しい、超音波による毛穴洗浄やレーザー治療やケミカルピーリングなどの施術により、短期間で安全におしりの黒ずみを解消することができるでしょう。
おしりの黒ずみの多くは新陳代謝の問題。ケアの仕方はさまざま。
おしりの黒ずみは誰にでも起こり得る肌トラブルの一種です。

皮膚疾患の可能性もありますが、たいていは血行不良などにより皮膚の新陳代謝がうまくいかないことが原因です。

マッサージや市販の保湿クリームにより自宅でケアすることもできますが、より短期間で確実に解消したければ美容皮膚科やエステなどをたずねてみると良いでしょう。